インターホン

Intercomインターホン

弊社ではマンションや集合住宅向けのインターホンを得意分野の一つとしております。

インターホンから、ドアホンに変えるだけで、防犯性能は格段に上がります。やはり来訪者を確認できるという点は何よりも大きいですね。

最近では、留守でもその映像を記録したり、スマートフォンに転送したりする機能もあります。

マンションや集合住宅であれば、集合玄関の電気錠を開錠したり火災報知機と連動したり、カーシェアリングが出来たりと、マンションの立地や運用方法によってインターホンのグレードを選定していきましょう。

一般的にインターホンの交換時期は15年と言われており、メーカーの生産完了から7年経過すると修理部品の供給も止まってしまいます。

建築時の配線の種類や方法によって、工事日数と順番が変わったりと、事前に念密な打ち合わせができると工事日数の短縮にもつながります。

ご予算や運用方法によって、最適なインターホンが変わりますのでお気軽にお問い合わせください。

合わせて、テレビ共聴設備や、監視カメラも重要なインフラとなっております。

最近のテレビには地デジだけでなく、BSやCS放送も視聴できるチューナーが内蔵されていますし4K放送が受信できるテレビも発表されています(地デジ4Kではない)。高い周波数成分を伝送するブースターや分配器に取り換える必要があったり、場合によってはケーブルの交換も考えなければなりません。

利便性の向上や、付加価値を増やすことで、資産価値が増えるお手伝いが出来れば幸いです。

インターホンに関する事例はこちら