防犯カメラ

Surveillance camera防犯カメラ

たかが防犯カメラ、されど防犯カメラです。

ホームセンターでも量販店でも防犯カメラは取扱されています。DIYでつけられるのも良いでしょう。

我々アボアエンジニアリングが、技術者として提案する防犯カメラは、あくまでも業務用です。機器は国産から、海外生産のモノも取り扱っております。国産の弊社が取り扱っているメーカーの製品の良いところと、海外製品の経済性とを、それぞれ適材適所に提案できるのが弊社の強みです。

カメラは有効は監視機器ですが、得意とする取り付け場所が様々なのです。

暗い所と暗くなる所とでは、意味合いが変わります。

明るい所と逆光になる所、西日や風雨、窓からの光、監視範囲、距離などなど機器の選定は、これらの設置環境を把握するところから始まります。

また、取り付ける人間。弊社は内勤・外勤ともにすべて防犯設備士(日本防犯設備協会認定)の資格を取得しております(一部勉強中の社員となる場合もあります)。防犯設備士は、窓ガラス・錠前、電気錠・センサー等の防犯設備に対し、一定の知識と技術を認定された資格です。

効果的な場所に、適切な角度と位置に、センサーやカメラを堅牢に取り付ける事。その判断ができる社員です。

防犯カメラは、その存在だけで「威嚇」の意味を持ちます。

なので設置しただけで効果を発揮するのですが、その反面威嚇されたくない人も居ることを知らなければなりません。

今後、防犯カメラは運用方法を誤ると、プライバシーや肖像権の侵害だ!と訴訟問題も増えてくるでしょう。

防犯カメラの設置により犯罪者が逮捕されるケースが多くなってきましたが、反面、録画データの乱用により、カメラ設置者が思いもよらないトラブルに巻き込まれるケースも増えてきました。弊社では管理を正しく運用するようにアドバイスしております。

犯罪を防止する為だけの防犯カメラのイメージが強いかもしれませんが、事故を予防する為の分析用(人の動線や振り返り学習の教材として)に利用したり使い方次第では、扉を開くと歩行者にぶつかるような、そんな扉の向こう側が確認できるようにしたり、野生動物が現れると記録(夜間)をとってみたり、植物の成長や、建造物の建てられていく過程を早送りで観察したり、映像を撮りためる→時間短縮や芸術、教材としての活用方法もございます。

お気軽にお問い合わせください。

防犯カメラに関する事例はこちら