ナースコール

Nurse callナースコール

病院やクリニック、老人ホーム、介護施設、人間ドック等のベッドサイドに設置されているボタン。ナースコールです。

ナースコールは患者様や介護者からの連絡手段として使われています。

プライバシーを確保しつつも、カメラやセンサーと連動し、看護師(介助側)さんが迅速に動けるような技術革新がされています。

ナースコールの寿命は12年程度と言われており、患者様がボタンを押しても反応しなかったり廊下の復旧ボタンをおしても復旧しなかったり、エラーや雑音が多くなったりします。

15年もたつと病室(居室)の使い方の変化や管理体制の変化、病床の数の変化などもあることでしょう。PHSとの連動により、移動中でも対応できるものもあります。

最新のナースコールでは、電子カルテの一部がベッドサイドのモニターに表示される等の付加価値が付いている商品もあります。

トイレ呼出設備もナースコールの一つと言えますね。

夜間、人数が減ってきた場合の、玄関電気錠を制御したい等の細かなご要望にもお応えできますのでお気軽にお問い合わせください。

ナースコールに関する事例はこちら