事例紹介

某医院 院内カメラ設置工事

広島県内の某所病院への防犯カメラ設置事例です。

どちらの病院においても、防犯カメラの設置は賛否両論あり、なかなか判断が付きにくいのが現状です。

入院施設がある病院では、24時間施錠する事が出来ない為、防犯面ではいつも注意されています。

急患の有無にかかわらず、病院関係者が出入り(医師等)する扉の音、足跡ですら、別フロアのナースステーションではドキドキするとの事。

別フロアのナースステーションから、院内の出入り口(エントランス・スタッフ出入口)を見る事ができる(特に夜)のは、とても安心できますよね!

院長先生と密な打ち合わせにより、防犯カメラのような・・・防犯に特化したわけでもなく、院内を守るシステムが完成しました。

カメラの設置場所、撮影角度、モニター設置場所など、それぞれに大きな目的と小さな目的とがあり、本音の打合せができて本当によかったと実感しています。

エントランスを撮影・記録する事はもちろんですが

待合室を撮影することで、来院者の待合時間軽減にスタッフが行動することにつながります。

防犯カメラ設置後、「やっぱり設置して良かった!」との嬉しいお言葉を頂きました。

防犯カメラの威嚇的要素で、職員が萎縮するのでは・・・と心配しておられましたが

実際に取付・運用してみると萎縮するどころか、「私はいつも頑張ってやってる!」と堂々かつテキパキとケアする職員。

 

「見せない」防犯カメラではなく、ナースステーションにも映像をオープンしている「魅せる」防犯カメラとしての演出も効果があった様子。

 

 

 

 

上記でご紹介した事例とは別の、老健施設でのお話ですが、

是非カメラを取り付けてほしいといった要望はとても多いのです。

翌日になると患者さんにアザが増えてる・・・どうしてもおかしい・・・

患者さんの転倒による負傷、介助ミスでの負傷、それ以外の負傷。

プライバシーを考慮した画角での記録。必要になってきていると思います。

ナースステーション内にも必要だとの、看護師さんからのご意見もある様子。

銀行では8割がた職員に防犯カメラが向けられているという現実。

護るべきモノは何か・・・・・総合防犯設備士にぶっちゃげて頂けると、カメラの設置場所や画角を工夫するノウハウを駆使することで

護るべきモノを守り、最終的には施設にとってプラスになります。

 

ただのコストになる防犯カメラではなく、施設で働く職員さんのモチベーションも上がり、患者さんもそのご家族も安心できる。

安心安全の防犯カメラ設置の事ならアボアエンジニアリングにご相談ください。

 

防犯カメラを設置しただけで安心していませんか?

ナースセンターや病室・居室への防犯カメラ設置に悩まれていませんか?

院内の安全性を高めたい院長様、医療関係者の皆様へ

 

 

事例の一覧に戻る