新着情報

一般家庭に防犯カメラをつける最初の4ステップ

ステップ1.冷静に防犯カメラについて考えて!

一般住宅に防犯カメラを設置する事を考えられているなら、まずは今冷静になり、少し先の事まで考えてみましょう。防犯カメラ設置する目的を再度冷静に考えましょう。

自宅に防犯カメラが無いと、物騒で夜も眠れない・・のであれば、窓を防犯ガラスにしたり、玄関の鍵を2つ以上取り付けたりと、「対象物の強化」をしましょう。センサーライトも有効です。

車にイタズラされたり、ゴミを捨てられる等にもセンサーライトや、ダミーの防犯カメラを設置するもの良いでしょう。そう。ダミーカメラで良いのです。

防犯カメラは、今でこそ犯罪発生時の強力な証拠となる為、市民権を得ましたが、少し前までは監視カメラと呼ばれていたこと、ご記憶に新しいかと思います。

正常なご近所付合いがあるのであれば、この「監視」される側の立場になって考えてみてください。設置しないほうが円滑なコミュニティーが形成され、より安心で安全な住宅街になることでしょう。

 

ステップ2.NPO法人広島県生活安全防犯協会所属の会社を選ぼう

え?防犯カメラ屋じゃぁないのかって?正常なご近所付合いができない人が居る可能性もありますよね・・・。アボアエンジニアリングは総合防犯設備士のいる防犯カメラ屋さんでもあります。

しかし、防犯カメラが売れればそれで良いといったような販売方針はとっておりません。特に住宅街においては防犯カメラの設置によって、地域住民の不仲の原因になることが少なからず発生していることを知っています。隣近所と不仲であれば、騒音・ペット・臭い等のトラブル源が増えていく危険性があるのです。

アボアエンジニアリングは、安心安全のための防犯カメラ設置をしておりますが、住宅街においては住民の明るいコミュニティこそが不審者を寄せ付けない為の最大の防犯材料だと考えております。

防犯カメラを一度設置すると、その後2~3年毎にメンテナンス(場合によっては毎年)が必要になりますし、消耗品が発生します。つまり経費がかかります。さらに撮影された映像の取扱いには細心の注意が必要で、録画内容を見て内容を誰かに話すなんてことをしたら、プライバシー侵害で訴訟問題に発展する危険性もあるのです。

 

ステップ3.本当に防犯に必要なモノを選べる目を持とう

だから、まずはダミーカメラとセンサーライトで「威嚇」してみてください。ホームセンターで3~5千円程度で購入できて、とてもリーズナブルです。ただし我々が見て「あ!ダミーだ!」と分かるようなダミーカメラではダメですよ!電池式でLEDが点滅して・・・なんてもってのほか!電池切れた瞬間からダミーカメラだとバレてしまいます。センサーライトも乾電池式なんてもってのほか!キチンとプロに配線してもらいましょう。自宅だけを防御するのではなく、街全体取り組みませんか?私は防犯協会のセミナーなどで、毎回「街全体で玄関灯を朝までつけませか」と提言しています。たったこれだけの企画が、街全体の参加により防犯意識と防犯効果が高まり、街路灯だけにたよらない自治警戒の手助けとなるんです。

広島市・呉市・福山市等においては、自治体より防犯カメラ設置の為の補助金が給付される地区もあります。守るべきは街全体。地域一体となって安心で安全な街づくりをご提案いたします。まずは町内会長ならびにアボアエンジニアリングへご相談くださいませ。

ステップ4.それでも心配な方はこちらに

 

しかし、今、本当に身の危険を感じているのであれば、話は別です!すぐに警察に相談しましょう。警察も町内会長も相手にしてくれない・・・のであれば、我々がお手伝い致します。ただ、身の危険を感じているのであれば、ご自宅の外周部だけでなく、ご自身の生活されている室内にも防犯カメラ設置する事をお勧めしますし、防犯ブザーも常時携帯してくださいね。録画された画像を確認するのは、ご自身か、あるいは事件後の警察だけとなりますから、ご自身のプライバシーは守れます。ただ事件後というのが悲しいですね。

アボアエンジニアリングでは、ホームセンターや量販店で販売しているような防犯カメラは扱っておりません。業務用(長寿命で信頼性の高い)の防犯カメラを、防犯設備士の目で防犯診断し、適切な箇所に防犯カメラを提案しており、運用規定を順守していただけるお客様にのみ設置工事を行っております。

定期的にモノが無くなる・・・車にイタズラされる・・・等のお困り事であれば、設置・通信費・電気代は別途となりますが、カメラ1台を 月1万円(税別)撮れ録るセキュリティ安心パックを現在検討しております。詳しくはお問い合わせください。

連絡先 082-271-4511

 

 

記事の一覧に戻る